スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月30日

1月30日
 1月があっという間に過ぎていった。無事是貴人。ではなく奇人ということ。
家族も風邪もひかず過ごしている。今月を振り返ってみれば。正月は郷里に帰った。普段会わないような人とも言葉を交わすことになる。お目出たい話もあったり、そうでなかったり悲喜交々である。
親父は97歳になった。自宅ではなく施設にお世話になっている。面会にいったがその光景は何処の施設でも変わらない。広いロビーに大勢のお年寄りが表情も無く座っている。自分の将来の姿かと思うと気が重くなる。出来れば誰もが思うことだが、生涯現役のまま終わりたいものである。
 我が家に帰れば変わらない日常がスタートする。先ず手始めは昨年の水害で破損した校舎の改築。廊下だけでなく教室の床や壁も修理が必要。合板は時間が経つにしたがって破損がひどくなる。広さが広さだけに時間もお金もかかる。
ありがたいことに多くの人たちからの支えがある。被災前よりもいい状態にしたいと考えている。せめてもの恩返しに。
 小麦も今のところ順調に育っている。今年は寒いので一寸成長が遅れている。稲わらを全部流してしまったので有機物が一寸不足している感じがする。あの状況での作付けだから仕方がない。目の前の畑で小麦が青々と生長していく姿は、大きな励ましになる。近所のお年よりも、畑で作物が育つ姿は楽しいものだと話していた。問題は田植えが出来るかどうかだ。行政は耕作者が一寸でも手を付けた農地は、復旧作業の対象外になるという。手をこまねいて見ているしかない。何時までに復旧するとも明言しない。おかしなことがまかりと通っている。
 11日からパン屋のワークショップ。2組の参加者。一人は北海道からの参加。支援学校の先生で将来は皆で一緒にパンを焼きたいといっていた。一人は5歳の男に子と参加。将来は田舎に帰ってパン屋を開業する計画だそうだ。毎回思うことだが参加者には恵まれている。企画して良かったと思う。参加者の中から実際にお店を開いた人もいる。何時の日か、地元産の小麦でパンを焼くことが、当たり前になることになることを祈っている。日本は同じ圃場でお米も麦も栽培できる恵まれた自然条件にある。食料輸出国なってもおかしくないのに、現実は輸入国なっている。自給率40%など言語道断である。多くの人にその点を考えてもらいたいと思う。

 嬉しいこともあった。アメリカから共育学舎の取り組みを理解し賛同したからと寄付の申し込みがあった。亡くなったお姉さんの遺産の記念寄付だそうだ。寄付という形で社会貢献するという文化があるとは聞いていたが、まさか自分がその対象になるとは思っていなかった。共育学舎にも外国から来る人もいる。アメリカに帰って有機農業を始めた青年もいる。これからの地域で成長する子供たちのことを思うと、早い時期から外国を知り理解することは大事なことになる。頭の中では企画を練っていたので、今回の寄付をチャンスとして生かし、具体的な形としてスタートさせたいと思っている。お金は使い方で毒にも薬にもなる。良薬として生かしたいものである。

スポンサーサイト
検索フォーム
関連ページ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。