スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11、24 大儀

  朝が来て夜が来る。食事をして寝る。その繰り返しを人生というのだろうか。この世に生まれて何回朝を迎えたのだろうか。後何回迎えることが出来るのだろうか。今年も冬が来た。朝晩は寒い。ストーブ用の薪も流失してしまった。でもなぜか薪を作る気にならない。今年の冬は「寒い寒い」と過ごせばいいかと思っていた。ところが家内が無断で電気コタツを買い求めてきた。なんの相談もなく。暖房なしの生活もこれにて終わった。
 
知人とボランティアについて話す機会があった。最近では自己実現のためにボランティアをするという考え方の人が増えているという。被災後多くのボランティアに助けてもらった。ボランティアについて話す機会など無かったが、
自己実現のために来てくれた人も多くいたのだろう。動機はそれぞれの考えでいいと思う。経験の中でそれぞれが違うことを、学んでいけばそれでいいとも思う。出来れば最初から何かを求めるのではなく、結果として得るものがあればいいと思うほうが、気楽だし長続きすると思う。自分の中に大義名分を作らないように自分はしている。自分には大儀などない。大げさな取ってつけた大儀のために、どれほどの命が失われ、自然破壊をしてきたのか。そんなことを思うと、食って寝てチョンの人生もいいなと思っている。

コメントの投稿

非公開コメント

逆襲

寒くなる予報の窯つくりワークショップ2泊3日、迎える方は女性というのに暖房を一切入れる予定がない、と宣言されたので耐え切れず強硬手段に出た。
「妻が買ってきてしまった」ので毎日しかたなくそのこたつに入ってるんですね。妻より

(本日だんなさんは、重い腰をあげて薪小屋を作っています。いつもありがとうございます)
検索フォーム
関連ページ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。